お薬 ~子連れ 海外旅行

Sponsored Link

子連れ海外旅行で一番心配なこと。
それは何と言っても、旅行先で子供の体調が悪くなることではないでしょうか。
では何かあった時のために、
どんな薬を何を持っていけばよいのでしょうか。
薬

親としては毎回悩むところです。

風邪薬や解熱剤、下痢止めに吐き気止めなど、
子供の具合が悪くなった姿を思い浮かべながら準備をしていきます。

子連れ旅行 薬

私は持って行く薬は市販のものではなく、
具合が悪い時に処方された薬の余りをためておいて、
それを持って行くようにしています(国内旅行でも)。
※薬にも消費期限がありますのでご注意を!
また主治医の先生から飲みきるようにといわれた薬はきちんと飲みきってくださいね
あくまで「私の場合」ですので、ご参考までにしてください。

なぜならいつも診ていただいている小児科の先生に処方してもらっていて、
アレルギーが出ないことが確認されているためです。

ただ、家に余りがなくて欲しい薬がある時は、
病院に相談に行ったりするのですが、

子供が2歳の時
海外に行くので、何かあった時のために薬を処方して欲しいと言うと、
その先生は「何かあったら現地の病院に行ってください」とおっしゃいました。

慣れない海外で子供を病院に連れて行くという発想が
当時の私には無かったのですが、

これ以後、子連れ海外旅行では、子供が海外で具合が悪くなったら病院に行く
という選択肢を頭に置くようになりました。

大事なことですね。

その他に子連れ海外旅行ならではのものといえば、
おでこに貼る冷却シートです。

熱が出た時にはもちろん、
日差しの強いビーチなどで日焼けしてしまった時のクールダウンにも役立ちます。

暖かい国に行く場合は、
虫除けスプレーと虫に刺された時のかゆみ止めも必須です。

【追記】
小児科によっては、お願いすると薬をくれる小児科さんもありますので、
駄目もとで一度はお願いしてみるのも手です。
先日、友人がかかりつけの小児科の先生にお願いしましたところ、
「どこに行くの~。いいね~。何の薬が欲しい~。」と聞いてくれた上に、
咳の薬、鼻水の薬、喉の薬、熱の薬と症状別にくださったそうです。

Sponsored Link