一番使う“ありがとう” ~子連れ 海外旅行

Sponsored Link

もしかすると「ありがとう」という言葉が、
海外で一番使うのかもしれません。
特に子連れ海外旅行では、人に親切にされることが大変多いので、ありがとうの連続です。
一番使う“ありがとう” ~子連れ 海外旅行

息子はニューヨークのオイスターバーで、
給仕をしてくれるおじさんが色々とサービスをしてくれるので、
その度に「サンキュウー」と言っていました。

何を出されても「サンキュー、サンキュー」と言っていたので、
帰る時におじさんに「グッバイ、サンキューボーイ!」と言われていました。

子供は照れもありますし、
慣れない言葉ですぐに「ありがとう」は言えないかも知れませんが、
感謝の気持ちを伝えると、人と人との距離がグッと縮まったりするので、
子連れ海外旅行では積極的に言えるようにしたいですね。

恥ずかしがりながらも現地の「ありがとう」を言えたら、
いっぱい褒めてあげたいですし、
心が通じたんだよ、ということも教えたいものです。

ただ、ありがとうもあいさつも、現地の人と触れ合う大切な一歩ではありますが、
それぞれの子供の性格というものあります。

現地に着いてすぐやってみよう!というのではなく、
まずは親が率先して「ありがとう」を使い、
子供のお手本として見せるようにしたいものです。

せっかくの子連れ海外旅行なのですから、
子供が少しでも現地の人と触れ合えるように、
親がお手本を見せて、日本で練習したことが出せるようになってもらいましょう。

Sponsored Link