前回の子連れ韓国旅行の反省~韓国 ソウル リベンジ旅行

スポンサーリンク

前回の子連れソウル旅行は失敗の連続でした。
子どもが2人になって初めての海外旅行だったことも
ありますが、
2人の子どもの育児に追われ準備不足のまま旅立ったことが、
旅行先の大きな失敗につ
ながってしまいました。
(前回の子連れ海外旅行 「韓国 ソウルの旅」はこちら)
doyon.gif

前回、1歳半だった下の娘も4歳になり、
今回こそは思いきり韓国 ソウルの子連れ旅行を楽しむぞ!
と準備を重ねてリベンジに行ってきました!

前回と同様に今回のソウル子連れ旅行も1週間と滞在期間が長かったので、
レストランやお出かけスポットなどの情報を、日本でかなり数多く集めました。

ソウルでも観光客向けのレストランでは、
写真や日本語で何の料理を出すのか宣伝している店もありますが、
少し繁華街から離れた場所になると、
レストランであることはわかっても、何の料理を出す店なのかさっぱりわかりません。

今回は、少しハングルを勉強して、
せめてそれ位はわかるようになりたかったのですが、
日々の子育てに追われ結局そんな時間はとれませんでした。

大人だけの旅行なら、少々冒険して飛び込みでレストランに入ることもできます。

しかし、辛いものが多い韓国では、
子連れではそんな冒険もなかなかできません。

ソウルで行き詰まった場合は、
情報の多さが旅の良し悪しを左右すると前回の子連れソウル旅行で痛感しました。

101.JPG

また、今回子連れでどこに行くかをずいぶん悩みました。
前回ほど下の娘は小さくありませんが、
4歳ともなると疲れて眠ってしまった場合に、
かえって抱っこし続けることはできません。

調べてみると、ソウルでは子連れで楽しむ場所はかなり郊外にある・・・
ということでした。

ということは、その場所に行く時は、ほぼ丸1日そこに行って終わってしまう!
という覚悟が必要になります。

ソウルで人気のレジャー施設のホームページや情報も集めたのですが、
これらの施設はソウル中心部から、かなり離れた場所にあります。

シャトルバスの停車場所や運行時間などが良くわからなかったりするので、
実際に行くとなればかなりハードルは高いな・・・と感じました。

 

102.JPG

 

移動に1時間以上かかる場所はあえて避け、
なるべくソウルの中心部でも子どもが楽しめそうな場所を探しました。夏休みということもあり、プールがある施設の情報も集めたのですが、
滞在中ほとんどが雨だったので結局行くことはできませんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。