簡単な会話 ~子連れ海外旅行

Sponsored Link

あいさつや、ありがとうを言えるようになったら、
ぜひ子連れ海外旅行で子供にトライさせたいのが料理の注文です。
お店は子供が頼みやすいように、
子連れ海外旅行でよく利用するカフェやファーストフード店など、
注文がシンプルでわかりやすい場所がよいと思います。
簡単な会話 ~子連れ海外旅行

そこで人差し指を一本立てて
「ワン、スモールコーラ、プリーズ」などを言わせてみるのです。

これが通じるようになると、子供はがぜんやる気になってきます。

やはり成功体験は子供を大きく成長させるので、
親は少し距離をおいた所で見守ります。

ところが、あいさつやありがとうを言えるようになると、
現地の人で気軽に話しかけてくる人がいます。

ニコニコしながら、わからいない言葉で話しかけてこられると、
子供は途端に居心地が悪くなってしまいます。

子供なのですから言われた言葉を理解して返す、
といことはまだできないのです。

だからといって、せっかくの子連れ海外旅行で、
あいさつなどに消極的になられても困ってしまう。

そこで、簡単な会話文の中で子供に覚えさせたいのが、
「私は英語が話せません」というようなフレーズです。

ソウルに行った時のことです。

やはり、あいさつやありがとうをきちんと言える息子に対し、
現地の人は色々気軽に話しかけてきます。

そこで息子が、ちょっとすまなさそうに
「ナヌン ハングンマル モルンミダ」(私は韓国語がわかりません)と言うと、

現地の人は「オー」と感心して、
そうかそうかと頭をなでたりして去っていきます。

息子はこの言葉が通じるようになってから、
堂々とあいさつができるようになりました。

Sponsored Link