スポンサーリンク

空港に着いたらしておきたいこと~韓国 ソウル

現在ソウルには仁川国際空港と金浦国際空港の2つがあります。 東京•羽田から出る便の多くは金浦国際空港行きです。 金浦国際空港の方がソウル市内に少し近いのですが、 それでもソウル市内まではタクシーで約1時間ほどかかります。 子連れ海外旅行では、 荷物をピックアップする時間やツアーのバスが出るまでの時間などは、 子供の大切な休憩(トイレも含む)時間です。 ホテルに

続きを読む

ホテルでの過ごし方~韓国 ソウル

子連れ海外旅行といっても韓国への旅行なら、 ツアー旅行でも部屋が少々せまくても比較的大丈夫だと思います。 飛行機に乗っている時間も短いですし、 子連れでもブラブラできる街も多いので、 ホテルで過ごす時間がそれほど長くならないと思うからです。 また滞在期間も2泊とか3泊などが多いので、 国内旅行に一番近い感覚で過ごせるのではないでしょうか。 私たち家族は滞在期間が1

続きを読む

子供が喜ぶ観光スポット~韓国 ソウル

ソウルで人気の観光名所、東大門市場や南大門市場などを歩いていると、 韓国に来たんだなあ、と実感できます。 子供にも市場の活気が伝わるようで楽しんで歩いていました。 仁寺洞(インサンドン)は、古都の風情を残す街と言われていて、 地元の人達にも人気のスポットです。 とてもきれいな街並みで、伝統的な韓国の文化に触れることができます。 子連れ海外旅行のお土産にもなりそう

続きを読む

子供を危険な目に遭わせないために~韓国 ソウル

ソウルでは車道に車を停めるのではなく、 歩道を横切ってお店の前に車を停めることが多いので、 歩道を歩いていると突然車が目の前を横切るということがあります。 子供の手を握りながら歩道を歩いていて、ドキッとするような目に何度か遭いました。 ソウル市内は車が優先というような雰囲気があり、 歩道の信号もすぐに赤に変わってしまうので、 歩いている時も注意が必要です。 驚くほ

続きを読む

移動手段~韓国 ソウル

交通渋滞が多いソウル市内では、地下鉄が何といっても便利です。 地下鉄の各線は色分けされていて、 各駅には番号がつけられていますが(明洞•みょんどんは424番のように)、 車内の電光掲示板などはハングルで表示されるので、 常に目的地は乗った駅からいくつ目にあるかを意識しておかなければ、焦ってしまうことになります。 観光客を相手にした白タクも多いソウルは、 政府をあげて

続きを読む

子連れで海外旅行で実際に困ったこと~韓国 ソウル

ソウルへの子連れ海外旅行で、生まれて初めてスリにあいました。 場所はおもちゃの問屋街をぬけた辺りです。 子供はパパが抱っこしていましたが、 私はおもちゃ問屋で買ったブッロックの大きな箱を持っていました。 荷物と子供に気をとられていた瞬間、 肩から斜めに下げていたバッグに違和感を感じました。 斜め後ろを見ると、不自然な距離に60代前のおじさんがいて、 私が気づくとサ

続きを読む

お土産は何を買うか~韓国 ソウル

ソウルでの子連れ海外旅行の一番のお土産は、 おもちゃ問屋で買ったおもちゃでしょうか。 日本より3割ほど安く、日本人の感覚にあったものがたくさん置いてありました。 おもちゃ問屋は昌信洞(チャンシンドン)という場所にありますが、 娘はミッフィーのブロックを、息子はおもちゃのピストルを買いました。 この問屋街は文具の問屋街でもあり、 入学、新学年シーズンになると、

続きを読む

親子で満足レストラン~韓国 ソウル

何でも美味しい!と思うのは親だけで、子供の食はすすみません。 日本の韓国料理は大好きなのに、と首をかしげるばかりですが、 日本の繊細な韓国料理に慣れてしまって、骨付きカルビのような焼肉は食べづらかったようです。 子連れ海外旅行では苦戦したレストラン選びですが、 とても大満足したレストランももちろんあります! ソウルの中でも一番新鮮な焼肉を食べさせてくれるという、 食

続きを読む

子供は海外旅行で何を感じたか~韓国 ソウル

日常ではほとんど耳にしない韓国語、まったく読めないハングル。 子供ながらに戸惑いを感じるのかなと思っていたら、 アジアということもあり、韓国の人と見た目の距離を感じない分、 意外とどこでもリラックスしていました。 実際にはあまり口に合わなかった韓国の食事ですが、 韓国料理自体は日本でも親しんでいたので、 違和感は少なかったようです。 子供がこの旅で一番感じたのは、

続きを読む

子連れ 海外旅行 体験談~韓国 ソウル

ソウルは、子供が2人になって初めて行った子連れ海外旅行です。 ソウルは国内旅行のように近く、子連れ海外旅行は何度も経験しているので楽勝! と思っていたら大間違いでした。 下の娘が1歳半と小さかったこともあり、歩くのも(ほとんど抱っこ)、 食事も(ほとんど現地のものは食べられない)、 すべてが大変でした。 日本から近いと言ってもソウルは海外なので、 息子の方にも気を

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク